enigma esquisse

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

金、土、日、月、そして11月。

 

11月になりました。

知らない人に話しかけられたり、
結婚式で司会をしたり、
ハロウィンで仮装したり、
寝てたり、
起きたり、
掃除したり、
六本木の美術スポットを舐め回すように見てきたり、
お茶したり、
焼き鳥食べたりで、

11月になりました。

***

21-21で一番印象に残ったのは、いろんなあの人のデスクトップ。
部屋を見るよりも、デスクトップって何かが解るような場所だなぁと思いました。
皆さん意外とけっこうごちゃってました。
椎名林檎はきれい過ぎて、ほんとかな?と思いました。
上の写真は私のデスクトップ。

***

支離滅裂、思考をいろいろまとめて消化する時間が必要ですが、
次から次へ食べてしまう。
そんな日々です。

せっかく食べた思考を、吐かないように、便秘にならないように。
そんな日々です。







- | comments(0) | - |

エニグマエスキス4周年!満月てっぺん

 

なんだかんだであと1週間で10月も終わりの今日この頃12時、満月。
うっすら雲がかかって、海から太陽を見ている、
そんな夏くさい感覚に陥りつつも、確実に冬へとむかう空気も同時に感じております、秋。

***

今日はなんとなく退屈な日でした。
●考えなくてもいいことを考える。
●気がつかなくていいことに気がつく。
●しなくてもいいことをしてしまう。
無駄をたくさん生み出した気がします。

マリーアントワネットは「私は退屈するのが怖いのです」というセリフを残し、
仮面舞踏会、ギャンブル。あらゆる享楽にふけり、退屈から必死に逃げていた。

確かに、18世紀ヨーロッパ。
マリーアントワネットの永遠に続くと思われる堅苦しい退屈は恐ろしい、逃げたくなる。
だけど、21世紀現代日本。
私の程よいタイミングで来る退屈な時間は非常に刺激的だ、welcome!

なぜなら、退屈でポカンと真っ白になっている脳みそから見る世界は、
ピカピカの新品の、ピントがキッチリ合った望遠鏡みたいで、濁りの無い視界だから、
とても気持ちがいい。
宇宙空間で無重力、宇宙遊泳、そんないきおいで地球を歩ける気分。

退屈、嫌いになれない。
私にとっては、愛すべき贅沢な大切な時間。

***

そんな私の退屈な時間を使用して書いております、
このブログ、エニグマエスキス。
なんだかんだで4周年になりました。

私の退屈が生み出す無駄な思考の運動場として、これからも続けていきます。
皆様にハイクオリティな無駄な思考の種を勝手にお届けできたらいいな、と思います。

これからもこんなかんじ、
そんな感じでエニグマエスキスをよろしくお願いいたします。


***

※ついでにいままでのごあいさつ。


どんなつもりで書いてるのか、ちょっとずつ毎年毎年変わってて我ながら興味深いです。



- | comments(0) | - |

ZATUDAN!!


昨日、りえこが可愛い!とtwitterでつぶやいていた
吉岡徳仁さんデザインのauの新しい携帯、X-ray
中身が透けてる!
小学生のころ、ゲームボーイのスケルトンが出て一瞬で惚れて興奮して買ったのを思い出した。
とても欲しい、けど私は1ヶ月前に変えたばかり…タイミング悪し、残念すぎます。

***

最近気になる言葉、
○○くさい。
うさんくさい、うそくさい、インチキくさい、エロくさい。
このハリボテの煙っぽい感じ嫌いになれない。

***

煙といえば、
議題はタバコがもっと売れるようになる工夫、について。
昨日、弟と電話した。

●色付き煙タバコ、ピンクとか水色とか黄色、特撮の煙みたいなヤツ。可愛くない!?
●3センチくらいのタバコ、禁煙したい人は本数を減らすのではなく長さを減せばよいよ!
●タバコの先が3つに枝分かれしている、時間がない人は一気に3本吸えるよ!
●てか、『細長い棒を口にくわえて何かを吐き出す仕草がカッコいい』という事ならば、
シャボン玉でいいのではないか、
待ち合わせの時とかシャボン玉で待っている男いいじゃないか、
空間的にもファンタスティック、ロマンチックではないか!
世界平和だ!

以上、全て弟アイディア。
アイラブマイブラザー。

***

最近本当に身長が伸びたと思う。
170あるのではないかと思う。
電車に乗っても、クラブに行っても、私より背の高い人が前より減った気がする。
もうすぐ身体測定があるのでどうなっているのか楽しみすぎる。






- | comments(0) | - |

ワンピース、つれづれオクトーバ〜。

 


毎日暑い暑い、と油断してたら、あっという間に寒くなって、
あぁこのまま秋がくるのね、と安心してたら、また暑くなって。
体が熱っぽく咳っぽいです。
いわゆる風邪ですね。

***

ところで最近ワンピースが好きです。
なぜかというと、
●一枚でトップスとボトムスの役割を果たす。
●朝、組み合わせとか、何も考えなくてよい。
●洗濯は、少ない洗剤で済む。
●部屋干しでも干しているビジュアルがかわいい、むしろ見ていたい。
●一年中着られる。
●パンツより圧倒的に安くすむ。

ワンピースって女の子っぽくて、ひらひらで、
『ぶりっ子してんじゃねーよ!』というな女子の視線の先、
そして、その視線を飛び超えた男子への誘惑の為にあるものだと誤解されがちです。
そのような色気のある理由も無きにしも有らずですが、
それ以上に便利ポイントが多く心地がいい服です。

ワンピースだけ売ってるお店って無いのかな。
ひらすらワンピース。
あとタイツ。
タイツとワンピースの店、いいな。

などと考えながら、ワンピースを着て、日曜日。
チケット争奪戦に不戦敗のagehaでのunderworldの腹いせに
別のクラブに845といってみた。
が、12時も過ぎてたのに凄い空いてて、バスケの試合中のような体育館みたいな人口密度。
朝霧も行かずunderworldにも行けずで来たここwomb、とても悲しい光景。
と、思っていたらだんだん増えてきてぎゅうぎゅうに、よかったね。

次の日、月曜。
昼夜逆転生活を正すべく、しつこくワンピースを着て、活動。
起きて、銀座、本屋さんへ。
浅野忠信との別れの詩が書いてあるCHARAの本を立ち読みしまくった。
中学の頃の憧れカップルNO1。その10年後の事実。
マカロニでもなく、パスタでもなく、そうめんのような。
人生は真っ白で脆くて長い。とか思った。

プランタン銀座をぐるりと一周。
プランタンプランタン、売っているものはあまり好きじゃないけど響きは好き。

帰りに晴海通りで、2人組の外人さんにガイドブックを指差されながら話しかけられる。
指の先にはKABUKI-ZA!
工事中だという事を丁寧に伝える。日本語で。
もちろん伝わらない。
とりあえず、ごーすとれーと、かぶきざ…!とボディランゲージで教えた。
『もうすぐで見られるぜ!スティーブ!』
『念願のKABUKI-ZAだな!トム!』と目を輝かせて夕暮れの中に2人は消えていった。
泣ける。
そのあとすぐにまた違う外人さんに同じ事を聞かれた、泣ける。

疲れて帰り、電車で寝ていてふと起きたら、
向かいの席のお兄さんのカメラのライトがついていて目が合った。
のぞかれていた…?疑心暗鬼になりながらもとりあえず眠いので寝た。
気をつけようワンピース。

そんな感じで、以上休日。


- | comments(0) | - |

電話でセーブ。

 

一日の終わり、だいたい毎日、誰かに電話してしまいます。
たぶんMOTHER2のゼーブする感じによく似ています。

***

●梨と柿の季節

●六本木でケバブが食べたくなって、屋台で注文した。
『肉ト野菜ドッチ、オオイのイイ〜??』
と聞かれたので、『野菜で〜』と言った。
そしたら『肉ト野菜ドッチもオオクしといたヨ〜!』

●喜怒哀楽一日に全力でしたら、次の日熱が出た。
体を動かしすぎると、心が疲れるのと同じに、
心を動かしすぎると、体が疲れるようです。

●動かない心を本能のままに動かして伸ばす感じ。
感情のストレッチだと思った。
痛いけど気持ちいい、やりすぎると筋を痛める。

●『泣ける映画が見たい』っていうよくいる女の子のアレは
『擬似的にでもいいから感情ストレッチがしたい』ということかもしれない。

●アーティストとかクリエーター、何か作る人、
人類の感情ストレッチを促すトレーナーみたいな役割かも。

●まだ知られていないけど、気持ちいい筋ってたくさんありそう。

●沢山運動している人の体は素敵でカッコいい。
それと同じに感情ストレッチを日常的にしている人の心も素敵でカッコいい。



***

そんなかんじで10月です。
昼の日向は半袖で、夜は長袖、そんな気温。
- | comments(0) | - |

9月のできごとたち。

 




その1
地元のお祭りに6年ぶりに参加しました。
お祭りでは笛を吹いたり、太鼓を叩いたりしてました。
ジャパニーズ、アウトドアフェス。
ひたすらリズムをループさせる感じ、レイブ、DJ的な活動だなぁと思いました。
6年ぶり。
あの小学生2年生の子は髪型を気にする中学2年生に。
26才だった近所のお兄さんは婚約中の32才に。
存在しなかった3才、4才、5才の子たち。
その間に亡くなってしまったおじいさん、おばあさんの噂も。
引っ越してきた人、引っ越した人。
そして、18才だった私は24才に。
浦島太郎、タイムマシーンののような気分でした。






その2
黒部ダムにいきました。
晴れではなく、雨でした。
真っ白で何も見えませんでした。
非常に残念でした。
だけど、雨が降って、それが速攻で霧になって、雲になってまた空に帰っていく。
地面と空が真っ白な空気で繋がる光景はとても美しかったです。
水の循環のダイジェストを見た気分になりました。

***

明日から10月です。
ハロウィンまで一ヶ月。
今年は何を着よう。
とりあえずドンキホーテにいってみよう。
- | comments(0) | - |

『デザイン』使い方について違和感だらけ

 

昨日見た夢、海で猫が棒につかまってる。
助けなきゃと思ったら、魚にぱくー!やばー。
普通は猫が魚を食べるのにね。
猫どーすんだ、どうなるんだ!
ってところで目が覚めてしまいました。

***

ところで、最近『デザイン』の使い方について違和感を覚えることがある。

●この椅子は良いデザインだけど、使いづらいね。
●字が読みにくいポスターだけど、かっこいいデザインだね。
●デザイン的には好きだけど、ちょっと目がチカチカして疲れるサイトだなぁ。
●中身はまだだけど、とりあえずデザインだけ作ってみよう。

???

『デザインだけは良いけど、機能だけがイマイチ』というような表現に違和感を覚える。

料理でいうとレストランに行って、
『料理の見た目は良かったけどね、味はめちゃくちゃ不味かった。』と言ってるのに
何故か満足そうな人くらい違和感。

盛りつけだけ上手で、不味い料理。
それは良い料理といえない。

そのことはみんな常識なのに、
機能と装飾ががっちり合わさったものがデザインというのに
気がつかない人は結構多いように思う。
機能イマイチだけど、見た目OK=良いデザイン、ということになるのに違和感がある。
そして悲しい。

***

デザインのパワーは装飾だけじゃない、はず、そう思いたい。

構造、機能、装飾、製造過程、成果、その全てが合わせて、
美しいハーモニーが奏でられるように、チューニングする行為こそがデザインだと思う。
けど、それは優等生なつまらない回答。

できれば、もっと他にもそのチューニングを少しずつズラして、変拍子も面白い。
一切チューニングしない汚さも、意外と美しいかもしれない。
してないふりして、実はチューニングしまくりも楽しいかもしれない。
そんなふうにアレンジはもっとある。凄い深い。

だからこそ装飾はデザインの一側面でしかない、はず、そう思ってる。

***

それをする仕事がデザイナーだと思って、ずっと美術の勉強をしてきた。
だけど実際の社会での『デザイン』
とても難しい。
全然そうじゃない、全然上手く行かない。
『デザイン』への考えが全然違う。
製造過程で機能を作る人と、装飾する人が全く分離してて、
全然声が届かなくて、全然能力も足りなくて、
そして、デザイン=装飾と捉えられて、
実際それで精一杯な自分の実力、この現実。
うんざり、うんざり、やだやだやだ。

なので、修行な日々です。
それが全てクリアできる、早くそういう仕事をできるようになりたい。
そういう仕事こそがデザインと知らしめたい。

思い通りに進まない日々は、思い通りにしたいことをピックアップ、たくらむ時間。
そんな日々です。

***

デザインの使い方、デザインへの温度差なんて
人それぞれ、会社それぞれ、クライアントそれぞれ、結局、千差万別です。
そこをすり合わせるのもきっと醍醐味。

そんなそれぞれから生まれる鬼のやりとりをまとめたサイト。
地獄から来た依頼主…。
英語で書いてあるけど、読み解くのが面白いです。
それぞれ過ぎて、鬼すぎて、あぁ…
がんばろうと思えてくるサイトです。


『デザイン』を取り巻くそれぞれの解釈の状況、興味深い。
他の場所ではどんなことが起きてるんだろう、気になります。






- | comments(0) | - |

sweet home style

 




最近みつけた楽しいtumblr、sweet home style。

ひたすら色んな部屋や家の写真がのってる。
世の中にはこんなおもしろ空間に住んでいる人がいるのね。
そんな誰かの家を巡るツアーとかしてみたくなります。

***

今日のはじめてものがたり。

1●ビアガーデンにいきました。
なんかFlashの香りのするメンバー、フルカタさんと岡村さん、つっちーと、
水道橋の風と緑のビアガーデン。
3500円で、食べ放題、飲み放題。やったー!
しかし風が強くて、皿やコップが何度も空中を舞うというハードな環境!
次行くときはガムテープを持っていきたい勢いです。
『ソフトマッチョ』『ソフトモヒカン』
ソフト+ハードなモチーフ、の造語は気持ち悪いという話題がでた。
帰り道、一人で新しい『ソフト○○』を考えながら帰った。
ソフトアフロ、ソフトボクシング、ソフトヘビメタ、ソフト相撲、ソフトドンキホーテ、ソフトのこぎり、…
ソフトクリームは両方柔らかいから安心、大丈夫なんだな。

2●ヨガをやりました。
Y字バランス、180開脚などの無理な辛いポーズ。
それを無駄にできるように開拓するのが高校の頃からの趣味です。
しかし、最近は、そんなのも普通にできるようになってしまい、
『もっと辛いポーズを!』と求めた結果、ヨガにたどり着きました。
やってみたところ、期待通り辛すぎるポーズだらけでした。
めちゃくちゃ難しい。
だけど新しいおもちゃを見つけた気分です。

3●家から駅まで8分でつきました。
駅まで歩いて15分だと思い込んでいたのに、
走れば8分でつくという事が実証されてしまいました。
ギリギリに家を出る癖に拍車がかかりそうです。

***

そんな感じで気がつけば9月です。


- | comments(1) | - |

決め込めるか?ストイック!お腹が空いて終電帰り。

お腹がぐーぐー空いて終電帰り。
家にはたぶん何も無い。
スーパーも開いてない。
でも、お腹が空いてきっと眠れない。
だけど、太るし胃にもたれるから食べたくない。
深夜12時の状態。
そこへ宇宙船のように光るコンビニ登場。
まぶしい!

そんな時に限ってめちゃくちゃ食べたくなる胃に暴力的で人工的な食べ物ベスト3

そうゆう時に気合いで…頑張って…ストイックに選ぶ、体に優しそうな食べ物ベスト3

でも、一年前なら、気にせずペヤング食べてた記憶があります。
しかし、もうやってはいけない気がする…。

と、いうのも、
最近、ワコールの女性の加齢による身体変化の研究をみてしまったからです。
ノストラダムス以来の恐怖です。このワコールの予言。というか研究。


30代のスパイラルポイントに備えるべく、
地道な抵抗を始めだしている最近です。

が、

お腹が減った終電帰りには誘惑が多すぎる。
どうしたらいいのでしょう。
皆様、どうしてるのでしょう。

- | comments(0) | - |

毎日、自分の結婚式とお葬式。

 

メロンソーダが美味しすぎる昨日でした。
もうすぐ9月です。

***

思った事をすぐに気軽に書いていた2年前とは違うよそよそしいブログになってきたなぁ。
と、自分の文章を読み返しつつ、最近思います。

というのも、両親から兄弟、昔の幼なじみ、部活仲間、友達、恩師、上司、
などなど、自分を取り巻く人々に同時に注目してもらって話を聞いてもらえる機会なんて、
昔だったら、自分の結婚式とお葬式くらいのはず。
だけど、ネット上では毎日24時間常にその状態が起きている!

毎日、自分の結婚式とお葬式。
前も書いたかもしれないこのタイトル。
そのかんじに、なんだかびびりすぎて、気遣いすぎて、めんどくさくなりすぎて。

でも、でも自分の結婚式とお葬式でもないのに、
見てもらえるのだから、せっかくなんだから。
誰もまだ意味の分からないネット社会原始時代なんだから。

そういうリアルな空間ではとても言えないような、
しょうもないこと、恥ずかしいこと、おもしろい事、自分のノートだけが知ってた事を
自分の結婚式とお葬式に来る人以上の人数に毎日伝えてしまうという。
人類史上あり得ない空間。

脅えてないで、
そんな空間の歪みと感覚のズレを楽しみたいなぁ、と最近思います。

要はもっと更新しよう、という話です。

要は○○○という話。
1※ この文法、神妙な顔つきで使われると、
もしたいして上手くまとまってなくても、上手にまとめたムードがでる不思議な日本語です。
2※ さらに、会話内で1※のように使用されると、その前に話してた誰かの話を、
全然まとまってなかったかのようなムードに変えるという攻撃力も持つ凶暴な日本語です。

***

今日も暑いですが、
きっとあと2週間頑張れば、マフラーな季節に少しづつ近づく。はず。

- | comments(0) | - |
shimizuJunko works
Past exhibition
design link
news link
space link