enigma esquisse

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |

さようなら、enigma esquises ! ブログ引っ越しました。

 

本日でここでの更新も終わりです。
長年経営したバーを閉めるような寂しい気持ちでいっぱいです。

ポートフォリオサイトもくっいた4mimimizu.netやっとこさオープンです。

中国語、英語も無駄にGoogle翻訳で対応。
『今時』っぽくソーシャルネットワークへのリンクも充実。

ぜひぜひ、遊びにきてください。





- | comments(4) | - |

もうすぐブログ引っ越し / いきなりダンス!

 
なんと前回の更新から二ヶ月たってしまいました。
これには訳がありまして、ブログ引っ越そうと。
既存のブログサービスからは卒業だ!と、wordpress
あれやこれやしていたら、思ってたよりも奥が深く、今日に至ってしまった訳です。

だけどもうすぐお知らせできそうです。
楽しみだ。

***


さて、最近の興味関心ごと、世の中の森羅万象全てに向いてしまって、
広がりすぎて、困っています。

久しぶりの記事なので、書きたことも、紹介したい事もたくさんで、
まとまりません。

まとまりませんので、とりあえず今日は映画の事についてメモしておきます。

映画の見所はストーリー、舞台、キャスト、衣装、セリフ、時代背景.....。
人それぞれですが、私が注目しているひとつとして、
ストーリーの中でいきなりダンス!というものがあります。

しかも、シカゴのようなミュージカル映画でない、
今まで普通にしていた登場人物が真顔でいきなりダンス!というものが好ましいです。

そして、そのダンスシーンが無駄に長く、無駄にクオリティが高く、
仮に削ったとしてもストーリー成り立つものが最高に好きです。

***

パルプフィクション

いきなり感 ★☆☆☆☆
真顔感 ★★★★★
ダンスの時間の長さ ★★★★★
ダンスのクオリティ★★★★★
ストーリーへの無用度★★☆☆☆





メゾン・ド・ヒミコ

いきなり感 ★★★★★
真顔感 ★★★☆☆
ダンスの時間の長さ ★★★★★
ダンスのクオリティ★★☆☆☆
ストーリーへの無用度★★☆☆☆




フリーダ

いきなり感 ★☆☆☆☆
真顔感 ★☆☆☆☆
ダンスの時間の長さ ★☆☆☆☆
ダンスのクオリティ★★★★★
ストーリーへの無用度 ★☆☆☆☆




普通じゃない

いきなり感 ★★★★★
真顔感 ★★★★★
ダンスの時間の長さ★★★★★
ダンスのクオリティ★☆☆☆☆
ストーリーへの無用度 ★★★★☆



***


みたいな、
でもそれぞれが高ければ良いってものでもないから難しい…。
ダンスの一夜漬けなクオリティの低さがたまらなく愛おしくなったりもする…。

映画の中でいきなりダンス!アワードとかあったりするのでしょうか?
他にも、この系統の映画知っている方いましたら、是非ゼヒお知らせください。

てな感じで、11時11分。
これから何をしようかな。


- | comments(2) | - |

謎、アートと呼べるもの。

最近みた展示、感想をぽろぽろと箇条書き。

***

ICC、みえないちから

●存在ではない、気配をカタチにする試み、感じ、興味深い。
●だけど、いちいちキャプションに凄い哲学者の名言を明朝体で入れる感じにイラリ。
フォルマント兄弟。“お化け屋敷”はちょっと面白かった、一緒にみたのがナリタ君でよかった。
●オープンスペースのクワクボさんの作品、《10番目の感傷(点・線・面)》に失神。
●ザルが…きっと100均で購入したであろうザルがあんなに素敵に…。

***


●マシューバーニーみんなずっと見てて誰も離れない、すごいね。
●田舎おじさんおばさんの前でひたすらシャーマンなパフォーマンス、その温度差ゴクリ、マーカス・コーツ。
スプツニ子に嫉妬、た、たたた、たのしそー!ー!!

***


●時計の中に人がいるような気分になる、いるの?いないの、テッド・ノーテン


●自分の指輪と壁にかかっている指輪を交換、やりたかった、またまたテッド・ノーテン


●テッド・ノーテン…Ted Noten、Ted Noten、素敵な人だ。


***


ざっとそんなかんじでした。

今回、一番心が動いて、感動したのは実はアーティストの作品ではなく学者の研究。
トランスフォーメション展で、作品コーナーとは別に
『ちなみに、おまけコーナー』みたいな場所にありました
テキサス大学のDavidらが作成した進化系統樹、Tree of Life




ぐるっと黒くなっているところに地球上の生物。
動物、植物、菌類が同じ文字の大きさで並べて名前が書かれている。
人間が進化の『頂点』にあるような図ではなくて、
生物的にはどの種も同等であるってことが嫌でもわかってしまう。
左上に(Animalsの下あたり)、小さく『human』そしてYou are here.
あぁ…ちっちゃーい。

生まれて初めて世界地図をみたようなそんな気分になる素晴らしい図でした、
泣ける図ナンバーワンに躍り出た。
(前はこっち。…人間の小ささを知らしめる図が好きなのか…)

とにかく下心無しのストイックな研究から導きだされた図形の、グラフィックの美しさに、
泣けるし、負けた。

***

全体を通して、

自分の内側から湧き出る感覚や感情だけを表現した作品。
実はイマイチ入り込めない。
根拠や意味の無い数字や形、言葉には興味を持てず、むしろ恐怖を覚えた。

その無関心や恐怖こそをアートと呼ぶのだろうか、謎。







- | comments(1) | - |

だいたい395$、ワンピース。









***

最近通りすがりで(ネット上の)みつけたワンピースたち。
だいたい、みんな395$、ワンピース。
かわいいけど、高いよ、買えないよ、ワンピース。

仮に、お金があっても試着しないと怖くて買えないよ、ワンピース。
体が違うから、ワンピース。

セレブでさえこうだもの。

体は服の展示会場だ。
どんな展示物がきても、受け入れられるギャラリーでありたいものです。

そんなキャパシティのある美しいギャラリーを『モデル』って仕事名で呼ぶのかな。
息するギャラリー、素敵です。




- | comments(0) | - |

本日の通勤風景。

 





築地。
本日の、毎日の、ここ2年の私の通勤風景です。
こんな感じです、美味しい匂いがします、とても楽しい町なのです。

が、やはり青山とか六本木とか表参道とかのアーバンな通勤に憧れたりもします。


- | comments(2) | - |

いろいろ終わってるし、いろいろ始まってる。



年表だと淡々と平安時代が終わって、
『1192、イイ国作ろう鎌倉幕府』、なんて爽やかに鎌倉時代が始まっているように見える。

だけど、実際は終わりと始まりがごっちゃになってて
メインストリームの中に少数派でひっそりあったものが、あれよあれよと大きくなって、
いつのまにか変わってるものなんだろうな。

で変わったあとも、メインストリームだったものは意外としぶとく残っていて、
動揺を隠しつつもドヤ顔で居座る。
一見変わっていないようなムードもありつつ、やっぱり耐えきれなくなって消える。
とはいっても、消えると困るから記録として保護されたりもする。

きっと区切るのはあとからしかできない。
『あぁ…そういえばあのときから始まっていたかもしれない』ってあとから。
最中にいるときは気がつけない、気がついていても確信は持てない。

***

そんな感じで、最近の時間は、歴史の境目に突入している気がしてならない。
だけど、思い上がりで、実は取るに足りないテスト範囲にもならない時代かもしれない。
いろんなことが、いろいろ終わってるし、いろいろ始まってる気はする。
1000年後の教科書にどう書かれるのかみてみたいです。

- | comments(0) | - |

たぶん絶対、パソコン見過ぎ。


一日中仕事でも家でもパソコンみている毎日です。
なんだか最近体の存在を忘れることが多い。

何か最近脳みそだけで活動してる感じ。
トイレとかに立って、『あ、そういえば体が本体だった』と気がつく感じ。

あとお腹が空くという感覚が、何か変。
車に乗ってて、ガソリンが切れたときの面倒くさい感じ。

意識だけが主役で、体は世界に接する為のコントローラーみたいな。
わざとらしくジョギングとかヨガ、運動すると
コントローラーのメンテナンスの気分になる。
油さしてるかんじ。

21世紀っぽい、なんか変な意識と体の関係。

だけど、寝るときだけは意識と体が一体化してくれる。
良かった、まだ残ってて、その感覚。
とても気持ちいい時間です。


 
- | comments(0) | - |

マッシュアップな外国人ビジネスマン


今日電車にいた、片耳づつイヤホンをさし音楽を分け合う外国人ビジネスマン。
よくわからない、一体どんな音になってるんだ、
だけど気持ち良さそうだった。

***

今、私は持ち運べる音楽を再生するもの、iPODの類いを一切持ってません。

クラブやライブに行くのを10回ほど我慢すればきっと余裕で買えるのですが、
生の新鮮な音楽空間体験を10回放棄して、音を持ち運ぶのもよくわからない。

そんな感じでなんとなく買ってません、持ってません。

でも気持ち良さそうな外国人ビジネスマン見てたら
欲しくなってきたよ、そんな今日。





- | comments(0) | - |

凸凹だらけpeople。

 

秋さん、本気を出してきたね。
生温い戯れは終わったね。
昨日から急に寒くなって、今日は風邪をひきました。

***

最近、自分も、人も、凸凹だらけ、こんな風に見える。

脳みそ、精神、身体のいろんな凸凹。
だけど理想の凸凹の為に、日々試行錯誤。
1人でなんとかしたり、みんなでなんとかしたり。
文化とか、自然に頼ったり。

いろんなことして、穴を埋めたり、削ったり、盛り上げたりしてる。

ただ生活して生きているだけのはずなのに、
世界で一番複雑なパズルをしているような感覚がある最近です。

映画ヘドウィッグのorigin of loveのようには、シンプルにいかない。
たぶん本当は、片割れじゃなくて、欠片が世界中に散らばっている気がする。
ゼウスが稲妻で割った時、破片が色んなとこに飛んでくっついたに違いない、
片割れはひとつじゃない、そんなヘドウィッグ新解釈。




- | comments(1) | - |

絵の中のおねいさん。

 




歴史とか、意味とか、裏話とか、実在するとかしないとか、ややこしいこと抜いて、
単純にきれいだと思う、好き。
そんな絵の中のおねいさん。3にん。

***

話は変わりますが、
レオンのマチルダとシュゾンのファッションが何となく似てる。
偶然なのでしょうか。


もう深夜のなので今度調べようと思います。

深夜といえば、これは関係ないけど、ドガのアプサント。


深夜のマックとかファミレスに行くとこの絵を思いだします。
このだるい雰囲気。

***

時を超えても、根本的に変わらないものって、きっといくつかある。


- | comments(0) | - |
shimizuJunko works
Past exhibition
design link
news link
space link